車買取成立後のクレームについて

車買取でのトラブル事例として実際に起こるのが売却の契約を完了して買取金額が振り込まれた後で起こるクレームです。このようなことが多数報告されております。例えば、売却契約の成立、お金の振込みがあったにもかかわらず、数日後になって再査定を行った結果、車に不具合が見つかったため契約を無効とし、代金を戻してほしいというケースもあります。全額ではなくても、減額となって振り込まれたり減額分の請求書が届いたりと言ったこともあるようです。

 

せっかく車買取契約を交わしても何だか腑に落ちませんよね。プロの査定士が一度価格を付けたにもかかわらず後にクレームと言う業者は信用できません。大手の業者であっても時にそのようなことがあるようです。しかし、中にはクレームを対処するための制度を設けている買取業者もあります。大手のガリバーです。クレームガードと言う制度を設けているのです。これは売却後のクレーム保証制度であります。

 

内容としては、売却後にオークション会場から車の機関系についての不具合が見つかったと言うケースで、本来はかかってしまう修理代をガリバーで負担してくれるという制度なのです。買取金額にもよりますが、1台5千円ほどからという価格設定になっております。このような制度が作られるということからも、売却契約の成立後にもクレームが起こる可能性がそれなりにあるんだということがわかりますね。車買取はそれだけに大手の業者の方が安心できるという良い例ではないかと思います。買取業者選びは慎重にしましょう。