車買取専門店の間違った使い方

現在全国各地に展開されている車買取の専門店。もう既に多くの方が中古車は下取りを選ばずに買取をしてから新たな車種を購入するという流れを選んでおりますが、間違えた使い方をしてしまい、結果的に損をしているというケースもあります。ここでは車買取の専門店で間違えた使い方をしないような対策を紹介しましょう。まずは、車買取専門店へ査定をしてもらいますよね?この査定方法に大きな間違いが潜んでいるのです。

 

絶対に専門店へ車を持ち込んでの査定は避けましょう。持ち込みの査定の場合、2つのデメリットがあります。1つは査定が厳しくなりやすい点です。店舗へ持ち込んでの査定ですと、状況により2名以上の査定士があなたの車を隅から隅までチェックされてしまいます。しかも通常より時間をかけて行うケースが多いようです。その結果、査定額がかなり厳しいものになってしまいます。しかも、場所は相手のホームですので、プロの交渉力を存分に使って契約にこじつけようとするのです。

 

もう1つはその車買取専門店が中古車販売を行っている場合です。あなたに中古車を勧めてきます。しかも、今ならかなりの割引で購入できるかのような言葉で誘うのです。しかし、落ち着いて考えると、それは結局買取ではなくディーラー下取りと全く同じ状況になります。査定額は抑えられた挙句、中古車も購入させられてしまうのです。これではより高く買取を成立させることなど非常に難しくなってしまいます。車買取専門店の正しい使い方は、ネットでの一括査定見積りを通すことです。複数の業者の査定を行うことで、より高額の査定を掴み取れるでしょう。