車買取査定の有効期限はどのくらい?

車買取の王道パターンとして複数の業者から査定を取るというのがありますが、実際に複数業者から査定を取っていくとそれなりに日数がかかってしまうことがあります。あまり余裕を持ちすぎて日にちだけが過ぎてしまうと、最初に査定をしてもらった業者に連絡しても、査定のやり直しを求められることがあります。では、査定の有効期限はどのくらいなのでしょうか?一般的には1週間から2週間ほどと言われています。

 

この基準は買取業者によってやや異なりますので、査定を出してもらった段階で査定士に有効期限を確認すると良いでしょう。有効期限切れなどが起きないように、一括査定サイトなどを利用して、複数業者から実車査定をお願いする時は、出来るだけ近い日程で全ての業者の査定依頼をするのが大切です。可能であれば2日以内に全ての業者の査定を済ますのが理想です。それはもちろん2社以上の査定士を同時に呼ぶのではなく、出来るだけ時間を空けて行うほうが良いと言えます。

 

また、有効期限ばかりに気をとられて即決も避けましょう。査定士はよく「今決めていただければ査定額を上乗せします」などとカケヒキを持ち込んできますが、これはあなたにとっては決してプラスではないカケヒキです。全ての業者の査定をもらった上でじっくりと照らし合わせて決めるという余裕は持つようにしましょう。最初に申し上げたとおり、月末やキャンペーン最終日等を除いて、査定結果の多くは1週間から2週間有効ですので、「明日にはもう査定額が下がります」と言ってくる査定士の業者とは契約しない方が良いと言えます。