車買取、走行距離と年式は重要?

車買取の際、査定額の大きな基準として車種、年式、走行距離があります。特に年式と走行距離は数値で表されるだけに気にしている方も多いのではないでしょうか?車買取店でも査定時に「この年式ですと価格が付きません」ですとか「走行距離的にもう価格は付けられません」と言うことがあります。その場合はもう廃車とするしか無いと考える方も多いでしょう。しかし現在は、車の状態によっては年式と走行距離だけの情報ではなく、ある程度の査定額が付くケースが増えているのです。

 

その要因は海外での需要です。多くの車買取業者では輸出を行うようになり、それまで年式で言えば10年、走行距離で言うと10万キロを超えている車は買取不可という対象でした。しかし、今は車の状態によっては査定を付けるようになっているのです。場合によっては10万円から30万円ほどの査定が10万キロ以上走っていても、10年以上経過していても付いているケースがあります。

 

一般的な一括査定サイトを見ても、「廃車買取専門店」「故障車も買取ります」などといった業者が増えてきているのがわかります。中には廃車専門の一括査定サイトも存在するほどです。これまでなら廃車に費用がかかってしまい、廃車にするのすら考えてしまうという方も多かったのではと思いますが、今は廃車同然であっても査定額が付く可能性がかなり高まっています。したがって、以前に比べると走行距離や年式にこだわることなく査定を受けてみることが大切であると言えるのではないでしょうか?