車買取額がアップしないオプション

車買取の査定ポイントに、装備しているオプションがあります。このオプションによって車の希少価値が判断されて査定額がアップという例も数多くあるわけです。しかし、必ずしも全てのオプションが車買取査定においてプラスに判断されるかというと、実は違います。中には純正パーツに比べてマイナス査定となってしまうこともあるので、どれが+査定に繋がるオプションなのかをあらかじめチェックしておくのは大切です。

 

例えば社外ホイールです。純正オプションホイールの場合はプラス査定の対象ですが、社外製のものであればほとんどの場合がマイナス基準となってしまうのです。続いてはマフラーです。チューンアップとして付けたマフラーは車買取としてはマイナス査定。もしまだ純正が残っている場合は付け戻しておく方が良い査定となるでしょう。そして近年多くの方が付けているのではないでしょうか?LEDライトです。

 

純正パーツの場合は大丈夫ですが、趣味で取り付けたLEDライトはあなたが便利だと思っていても残念ながらマイナス査定の対象です。出来れば純正ライトに付け戻しておきましょう。最後にもう1つはエアロパーツです。こちらも純正オプションのものであれば良いのですが、趣味で付けている社外品はほぼマイナス査定となってしまいます。このように、中古車査定はどちらかと言うと純正パーツを求められる傾向がありますので、趣味でつけたものについては出来るだけ純正に戻すというほうが高額査定に繋がります。査定前にチェックしてみてくださいね。