車買取、今軽自動車がアツい?

かつては軽自動車というと車買取業界ではあまり値が付かないと評判でした。もともとの販売価格が安い軽自動車、売値も安く買取額はもっと安いという悪循環に加えて、壊れやすいということや狭いなどあまり良いイメージでも無かったのです。しかし、現代では軽自動車はむしろ人気を集めており、中古車業界でも売価が安い割に高値の水準を保って取引される傾向があります。その秘密は近年の規格変更によるワイドなスペースです。

 

軽自動車は狭いというイメージはもう昔のこと。ホンダのN-BOXや日産デイズなど、普通自動車顔負けの快適な居住空間は中古車でも大変人気となっています。燃費性能においても軽自動車は年々精度を上げており、ダイハツ・ムーヴやスズキ・アルトエコなどはリッター最大30キロ前後というハイブリッド車種並みの水準です。このような最新車種は車買取査定額が高いというのはもちろんですが、旧タイプの車種でも査定額が高めというのが傾向としてあります。

 

以前では軽自動車の場合5万キロの走行距離、2回車検を通す5年の年式で車買取額は大きく下がるというものでしたが、このところは人気車種であったり車種ごとの性能や人気のボディーカラーなどが要因で査定額がそれほど落ちないという傾向もあるのです。ですので、古い軽自動車をお持ちの方も一度オンラインでの一括査定を受けてみるというのが良いでしょう。買取業者によって査定額も異なりますし、最も高い業者と安い業者では10万円以上の差が出ることもよくあります。24時間いつでも簡易査定は受付していますので、一度申し込みをしてみてください。