車買取、オークションでのクレーム

車買取をする方法として最近になって増えているのがオークションへの出品です。気軽に参加が出来ることと高い査定がつくことがあるため、個人でも多くの方が参加しています。しかし、このオークションはクレームなどが発生するトラブルに見舞われることもあるので注意が必要です。通常車のオークションでは、1週間のクレーム対応期間というのが発生します。もしこの間に出品表に記載されていない部分の不具合が見つかるとクレーム対応が可能というものです。

 

その場合、出品者は対応を迫られてしまいます。個人での出品ですとこの対応にかなりの時間を費やしてしまうため、かなりの労力となるでしょう。また、出品に際しては多くの書類が必要ですのでかなりの手間となります。ですので、車買取は出来るだけ業者へ行ったほうが安全と言えるでしょう。少しでも高くと考えるならば、車買取一括見積りサイトを利用しませんか?大手業者から中小の業者まで幅広く査定を取ることができます。

 

1社にした方が楽なのでは?という声もあるでしょうが、買取業者からもクレームが出て減額請求されてしまうと言う例もありますので、出来るだけ多くの業者から査定を受けるのが、これらのクレームトラブルを防ぐ方法と言えます。どうしても心配な場合は車買取大手のガリバーでは、クレームガード保障という制度があり一定の金額を支払うことでこのクレームを防ぐことが可能です。ガリバーも車買取一括見積りサイトに登録していますので、査定業者に加えてみると良いでしょう。